理論から見たディメンション・ゼロ戦術考察、デッキ紹介など。コロボックルが多いのは趣味です。

湧き出る泉~ディメンションゼロ理論考察室

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
デッキ名は「ロストウイニー」
公式にも乗ったので予選を抜けたデッキの紹介です。

■黒 ユニット
I-1 045 夢見る人形エリザベス 3
I-1 048 真夜中の狩人ミュラー 3
I-1 049 スパイク・ガールズ 3
I-2 022 ローリング・ソーンズ 3
II-1 045 琥珀童子 3
II-2 026 ハウス・オブ・ヘル 3
II-3 026 ハウス・オブ・スネーク 3
■黒 ストラテジー
I-1 074 失恋の痛み 3
I-1 080 冥界の門 2
I-2 036 シャドー・ソウル 1
II-1 077 コルヴィッツの贈り物 3
■青 ユニット
I-1 084 細波の入江の魔女 2
II-1 089 サンダージャッカル 2
■青 ストラテジー
I-2 056 バードマン・ソウル 3
II-1 114 全てを失って気づいたこと 3


スムレラ「これはヘルジャッカルであってロストウイニーじゃないだろ」

イシュト「まあ、たしかに見た目はヘルジャッカルです。しかしその動きはウイニーデッキのように動きます。また「コルヴィッツの贈り物」を初めとした多数のハンディスで相手のハンドを空にします。しかし自分のハンドも6枚の暴走によってなくなります。全てを失っていくその様はまさにロストウイニーの名がふさわしいのですよ。」

スムレラ「それはわかったが・・・「全てを失って気づいたこと」は本当に強いのか?」

イシュト「「情報商人オウル・カーン」がおもわず改心してしまうぐらいには強いですよ」

スムレラ「よくわからないぞ、そのたとえは・・・」
スポンサーサイト
| デッキ | 21:25 | トラックバック:2コメント:1
とりあえずつくってみた:白緑闘気
とりあえず作ってみたデッキ第一弾。白緑闘気デッキです。

「バンブー・ベイビー」 3
「象砲手バルカン」 3
「妖魔の竜使い」 3
「妖精竜ビターメロン」 2
「機械竜グラシア」 3
「機械竜ドルチェ」 3
「犬闘士ボクサー」 3
「ノックアウト」 3
「水晶砦の魔女」 3
「ペガサス・ポニー」 3

「ロイヤル・デューティー」 3
「機械竜輝く」 3
「バイオ・トラップ」 2

「妖精の風車」 3


対象にならずにサイズの大きいグラシアを殺す手段は複数のユニットを投げることくらいしかないので、加速を付けたら勝てるだろ、という安直な考えの下に作ったデッキです。エネルギー加速もあわせてすばやくプレイすることも可能です。「ロイヤル・デューティー」と「機械竜輝く」は闘気カード回収システムを試すために入れてみたのですが・・・

スムレラ「が?」

イシュト「やっぱり無理がありますね。グラシアと加速だけで盤面は十分に制圧可能ですし、これらを回収するほど闘気カードは乗りません。」

スムレラ「じゃあその2枚を抜いたら?」

イシュト「そうするとただの白緑でいいかと。やっぱりグラシアは青白のほうがいいのかもです」

スムレラ「まあいろいろ試してみればいいさ」
| デッキ | 22:32 | トラックバック:0コメント:1
とりあえずつくってみた:白緑闘気
とりあえず作ってみたデッキ第一弾。白緑闘気デッキです。

「バンブー・ベイビー」 3
「象砲手バルカン」 3
「妖魔の竜使い」 3
「妖精竜ビターメロン」 2
「機械竜グラシア」 3
「機械竜ドルチェ」 3
「犬闘士ボクサー」 3
「ノックアウト」 3
「水晶砦の魔女」 3
「ペガサス・ポニー」 3

「ロイヤル・デューティー」 3
「機械竜輝く」 3
「バイオ・トラップ」 2

「妖精の風車」 3


対象にならずにサイズの大きいグラシアを殺す手段は複数のユニットを投げることくらいしかないので、加速を付けたら勝てるだろ、という安直な考えの下に作ったデッキです。エネルギー加速もあわせてすばやくプレイすることも可能です。「ロイヤル・デューティー」と「機械竜輝く」は闘気カード回収システムを試すために入れてみたのですが・・・

スムレラ「が?」

イシュト「やっぱり無理がありますね。グラシアと加速だけで盤面は十分に制圧可能ですし、これらを回収するほど闘気カードは乗りません。」

スムレラ「じゃあその2枚を抜いたら?」

イシュト「そうするとただの白緑でいいかと。やっぱりグラシアは青白のほうがいいのかもです」

スムレラ「まあいろいろ試してみればいいさ」
| デッキ | 22:32 | トラックバック:0コメント:0
とりあえずつくってみた
スムレラ「なんだこのタイトルは?」

イシュト「Shunさんのパクリ・・・ではなくてカードも届いたことだしデッキを組んでみましたよ、ってだけですよ」

スムレラ「で、何を組んだんだ?」

イシュト「組んでみたものとその感想です」

・緑単ロスト
⇒あんまり変わってない、そして弱い。

・青赤挟撃
「策士たちの競演」をキーカードに据えた青ウイニー。対人戦をしていないので未知数だが・・・微妙そう

・白緑闘気
「機械竜グラシア」をキーカードに据えた白緑中速。グラシアは強いものの他のカードの選択に悩んでいる。

・赤緑コロボックル
トッコニしか入りません。

・ホリプパ・オン・ステージ
何一つ入らなかった・・・

イシュト「とこんな感じです」

スムレラ「最後の二つは置いておくとして、残りはレシピは出さないのか?」

イシュト「まだ試行段階なのでもう少し練ってからにします」
| デッキ | 21:15 | トラックバック:0コメント:0
赤黒暴走デッキ
行進止まってました。すいません。で、今日のデッキ

「ライトニング・スナイパー」 3
「魔甲バイク餓狼」 3
「ハウス・オブ・ティアー」 3
「刹那の魔炎レイザー」 3
「スパイク・ガールズ」 3
「真夜中の狩人ミュラー」 3
「魔少年ダミアン」 3
「ハウス・オブ・ヘル」 3
「不言のカペラ」 3

「失恋の痛み」 3
「コルヴィッツの贈り物」 2
「冥界の門」 3
「トロール流砲撃術」 2
「因果律の抜け道」 3

スムレラ「前の暴走デッキと違って6枚しか入って無いな。」

イシュト「ですがプランをガンガンめくるデッキなので青白のときより暴走します。」

スムレラ「大丈夫なのか、それ?」

イシュト「暴走のディスアドバンテージを吸血鬼2人で取り返そう、というのがデッキのメインコンセプトです。またこの2体とパワーの高いユニットを使うことで迎撃力もかなり高いものになってます。」

スムレラ「弱点は?」

イシュト「流氷やゴドルフなどの突然ユニットが増えるデッキは厳しいですね。ハンディスが決まれば何とか、という感じ。」

スムレラ「「ステルス・スナイパー」などの45組が入ってないのは?」

イシュト「九州最強決定戦を目的に作ったからです。九州最強決定戦については横のリンクからKDCのサイトへどうぞ」

スムレラ「で、これ使うの?」

イシュト「多分使いませんね、弱いし
| デッキ | 11:37 | トラックバック:0コメント:0
| ホーム | 次ページ

プロフィール

イシュト

Author:イシュト
福岡から長野に引っ越してきました。

あわせてH.NはI原⇒イシュトに変更します。(両方使ってますが)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。