理論から見たディメンション・ゼロ戦術考察、デッキ紹介など。コロボックルが多いのは趣味です。

湧き出る泉~ディメンションゼロ理論考察室

コラムを書いてみます | main | 新カード・・・が
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
シーズン制限だからってやりすぎ
相変わらず公式のレヴューが見れないのとシーズン制限カードがそれどころではないので今日はレヴューはお休みです。カードが見れない人はメルマガを見るといいですよ。

イシュト「さてシーズン制限カードが出たわけだけど・・・やりすぎでは?と思えるほど多いね」

シンプイ「GP6は果たしてデッキは二つ組めるのかという感じだね」

イシュト「だね。とりあえず一つ一つ見てみよう」

・「花束を捧げる乙女」

イシュト「制限入りも妥当と思える一枚。4色プランやその亜流のデッキにおいてプレイ時間を延ばしていたメインの理由といえるためしかたなしだね」

スムレラ「プロプレイヤーの間ではもっとも問題のある45組といわれていたから仕方ないね」

・「流氷の大陸」

イシュト「オープングランプリ仙台でもっとも暴れていたカード。GPでも2デッキの一つは流氷デッキという人も多かった。」

スムレラ「これも仕方ないね。一応歌劇場はあるわけだし」

イシュト「ただこのカードを使用していたデッキは数多くあるのでメタゲームが大きく動くと考えられるね」

・「サイレント・ナイト」

イシュト「幽霊屋敷デッキのキーカード。このカードを失ったことで実質幽霊屋敷デッキは使えなくなったと考えるべき」

スムレラ「あのデッキ同士の大戦は引き分けが多かったからいいんじゃない?」

・「悪運時計ハードラック」

イシュト「時計デッキのキーカード。これもこのカードを失ったことでデッキとして生存できないと考えられる。ただ今後の影響はそんなに大きくないかも。」

シンプイ「昔の時計デッキは組めるけど・・・さすがにデッキにならないよね」

・「犬闘士ケルベロス」

イシュト「今回の制限の中で最も影響の大きいと思われるカード。様々な白いデッキでフィニッシャー兼ベース破壊として用いられていたためメタゲームに与える影響も大きい」

スムレラ「今回の制限って白いカードばかりだよな・・・白が嫌いなのか?」


まとめ
「花束を捧げる乙女」と「犬闘士ケルベロス」が制限になったことで白いデッキが弱体化したことは間違いないです。ただこの2枚の制限により別のデッキが復権する可能性があります。それは重いベースを主軸としたデッキです。この2枚が制限になったことに加え環境を支配していたベースである「流氷の大陸」が制限になったことで、ベース破壊を抜いたデッキが出てくることが予想されます。具体的には「水底の歌劇場」などがそうです。今後これらのデッキの動向に用注目です。


スムレラ「そういえば「ニトロ・カタパルト」は制限になら無かったよな。何でだろ?」

イシュト「謎ですね。赤は強くなっていい、ってことだったり」
スポンサーサイト
| 雑記 | 23:02 | トラックバック:0コメント:0
コメント
コメントする














管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL
http://horippa.blog94.fc2.com/tb.php/16-4ef7f8c2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| ホーム |

プロフィール

イシュト

Author:イシュト
福岡から長野に引っ越してきました。

あわせてH.NはI原⇒イシュトに変更します。(両方使ってますが)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。